秋掃除

ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー対策に、原因となるダニやカビを増やさない「秋掃除」の効果が注目されている。秋は夏に繁殖したダニの死骸がたまってアレルゲンとなる。しかも、エアコンや加湿器を使う冬の室内は高温多湿を好むダニやカビにとって増殖しやすい環境だという。秋のうちにしっかり掃除をしておいて、生息しにくい環境を整えておくのがいいだろう。

また年末の大掃除の時にまとめてやってしまうよりは、秋から掃除をした方がバタバタしなくていい。油汚ればどは気温が低くなると落ちにくくなるので、まだ暖かい日も多い11月くらいまでにぬるま湯で拭くなどしておけば、意外とさらっと落ちて年末はいつものお手入れ程度で済む。

また、窓掃除をするのも暖かいうちにやっておけば気分よく掃除ができる。暖房費の節約にもなるので、一石二鳥だ。面倒くさがらずに今から少しづつやることにしよう。