新アプリRooms

アメリカのFacebook社は23日、グループで話題を共有できるアプリ、

「Rooms」を発表した。

「Rooms」は、特定の話題について話すための「部屋」を作成することができる。

部屋に招待されると、FacebookやInstagramのように写真、動画、テキストを投稿でき、

利用者は実名に縛られず、部屋ごとにニックネームを選び、設定できる。

Roomsは英語版のみで、米国、英国および一部英語圏の数カ国で公開された。

現在、対応国のApp Storeで無料公開されており、iOS 7以降に対応している。

英語ができる方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。